がん保険を選ぶならココに注目!

がん保険の大きな給付金のひとつに、診断給付金があると思います。がんと診断されればすぐに給付金が出ます。

がん保険を選ぶならココに注目!

がん保険の給付金について書きます

がん保険にはいろいろな給付金があります。一番特徴的なものは、診断給付金だと思います。がんと診断されると、100万円程度の給付金が出るのだそうです。これだけの金額が一度に支払われることは、医療保険でもなかなかないと思うので、とても大きいと思います。後は先進医療保障も大きいと思います。技術料が高額な重粒子線治療や陽子線治療などの先進的な放射線治療は、現在は健康保険の適用外なのだそうです。入院の必要がないほど体への負担が少ない特徴があるそうです。入院しないのであれば、当然入院による給付金は出ません。治療には300万円程度の医療費がかかることもあり、貯金でそれに対応するのは、難しい場合もあると思います。それを思うと、やはり先進医療保障は大事だと思います。

ただ、給付金について、よくない話も聞きます。例えば、保険によるとは思いますが、診断給付金については、初期のがんでは支払われない場合や、金額が少なくなる場合があるそうです。初期での発見は、がんの治療には重要なことであるにもかかわらず、給付金が出ないというのは、なんとなくおかしな話だと思います。先進医療保障についても、重粒子線治療や陽子線治療がおこなえる医療機関は限られていて、その保障を受けられる人は少ないという話を聞いたことがあります。治療が受けられないのでは、保障されている意味がないように思います。少ない掛け金で保障されるので、入っておく価値はあると思いますが、ちょっと疑問にも思います。


Copyright(c) 2019 がん保険を選ぶならココに注目! All Rights Reserved.